So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

顔に出てますわよ。 [日々の出来事]

フリー ブログ画像 黒帽子 .jpg


どうも・・わたしは、
大人しい人と、思われる事が多く。。

仲良くなって、素が出ると、
第一印象と違う・・と、
いつも言われていました。



学生の頃のはなしです。

わたしは、満員電車にのるのがイヤで、
早めの電車で、通学していました。

教室には、1番のりぐらいの時間です。

学校は、最寄り駅から、
徒歩15~20分ぐらいの距離でした。

犬の散歩をする人、
1人2人と、すれ違うぐらいで、

人通りも少なく、
毎日、静かな朝でした。

朝早いのは、苦手でしたが、
この静かな朝を、わたしは割りと、
気に入っていました。

*****
スポンサードリンク






そんな、ある朝のこと・・

いつもの様に、
機嫌よく、鼻歌まじりに歩いていると、

わたしの歩調に合わせて、車がピタッと、
ついてきている事に、気づきました。

毎朝、通るこの道は、
車と歩道との段差がなく、
白い線が、引かれているだけの道路です。

運転している男性が、何か言っているのですが、
聞き取れず、立ち止まりました。

道に、迷ったのかしら?と思い・・

「なんでしょうか?」と、
運転席の男性を見ると、

40代ぐらいの男性が、
ニヤニヤしていました。

その時、わたしの直感が、
「逃げろ!」と、叫びました。

(注:声に出した訳では、ありません)


そうです!・・妖怪ぬらりひょんです。
(注:たとえです。)

だいたい、そうゆう人は、
口元が、だらしなく歪んでいます。

「あなた、ス〇〇なのが、
 顔にでてますわよ。」と、

おしえて、あげたいくらいでした。


わたしは、何も聞かなかった事にして、
また、歩き出しました。

しかし・・まだ、何か言いながら、
車はピタッと、ついてきます。。

この段差のない道は、
しばらく、続くのです・・

こんな時、犬を散歩する人も通らないし、
まいったな・・と、思いました。

走って逃げることも考えましたが、
朝から、走るのがイヤだったんですよ。。

この静かな朝を、ゆったりと歩いて、
学校に行きたかったのに・・

とんだ、邪魔が入ったわい。

しかも・・
いつまで、ついてくるのかしら。。

てっ・・
なんか・・だんだん腹がたってきたー。

そしたら、つい・・
怒りが、口から出ちゃいました。( ;∀;)


「さっきから、
 ぐちゃぐちゃ、うるっせんだよー!
 〇※△※◇※~!」


すると・・
今まで、お下品な顔で、
へらへら喋っていた、ぬらりひょんの顔が、

みるみる青ざめたかと思うと・・

凄いスピードで走り去り、
あっと言う間に、
車は見えなくなってしまいました。


あら・・どうされたのかしら?


きっと、大人しく見えたわたしが、
大きな声で怒鳴るとは、
激しく予想外だったのでしょうね。

聞かなかった事にして、
うつむきながら歩いていたのを、

怖くて言い返せなくて、
もじもじしているとでも
思ったのでしょうか?

バっ〇じゃないの~ ヾ(゚д゚)ノ゙
人を見た目で、判断してはいけませぬ。



しかしながら・・
40代以降は、見た目というか、
顔で判断しても、大体間違いないかな
と思っています。

自分が、40代になって思ったのは、

そろそろ生き方が、
顔に出てくる、お年頃だな~
と言うこと・・

昔、勤めていた会社の上司が、
「俺の最近の悩みは、ス〇〇が、
 顔に出てきたことだな~。」

と、飲み会の席で言っていたのを、
思い出します。。

上司!間違いありません。(''◇'')ゞ
隠しきれずに、溢れ出ています。

しかし、ご自分で分かっているだけ、
救われますね。

あなたも、油断禁物・・
ご用心を。。


*****
スポンサードリンク






共通テーマ:日記・雑感
前の1件 | -

スポンサードリンク